RD628 中継機能付基地局無線装置

ソリューションガイド

問題

高層ビルの堅牢な構造のため、地下階と地上階など携帯機同士での通信が行えない不感エリアが発生し、業務連絡に支障がでていた。緊急時の通信においても一斉通信を行うことが不可能であったため、現状の運用に不安を抱えていた。

 

解決

複数の中継機能付基地局無線装置をIP接続することにより、通話可能エリアが拡大し、不感地帯が解消され高層ビル内全エリアでの通信が可能になった。専用周波数を使用するため混信が無くなり、ストレスなく通信ができるうえに情報漏えいも防ぐことができるようになった。安定した部署間通信の実現と、地震災害などの緊急時には、責任者が優先権をもつ無線機からワンプッシュ送信で瞬時に部署間を超えた一斉通信も可能となった。

 


高層ビル

  • 機器構成

> MD658

車載型無線機

> RD628

デジタル中継機能付基地局無線装置

> PD668

携帯型無線機