RD628 中継機能付基地局無線装置

ソリューションガイド

問題

広大な敷地、山岳地帯ゆえに、携帯機同士では通信ができない不感地帯が発生していた。簡易無線のチャンネルを利用したグループ運用をしていたが、簡易無線は共用波であるため他局との混信も懸念されていた。

 

解決

中継機能付基地局無線装置を導入することで不感地帯が解消され、携帯機同士での全敷地内通信が可能となった。専用周波数を使用するため混信が無くなり、ストレスなく通信ができるうえ情報漏えいも防ぐことができるようになった。また、グループ分けも自在であるため、通常においての、現場の状況にあわせた複数のグループ(最大1024グループ)運用はもちろん、地震災害などの緊急時には、責任者が優先権をもつ無線機からワンプッシュ送信で瞬時に部署間を超えた一斉通信も可能となったさらに管理指令システム(スマート・ディスパッチ)も採用したことで、緊急救援時には救急隊員の位置情報の確認ができ、二次被害のリスクが低減した。

 


スキー場

  • 機器構成

> 管理指令アプリケーション

  (スマートディスパッチ)

> RD628

デジタル中継機能付基地局無線装置

> PD668

携帯型無線機