RD628 中継機能付基地局無線装置

ソリューションガイド

問題

イベント規模が大きくなるにつれ、周辺施設の増加、スタジアムの増築により簡易無線同士では通信ができない不感地帯が発生。簡易無線のチャンネルを利用したグループ運用をしているため、他グループとの通信や部署間を超えた一斉通信が不可能であった。緊急時にはどうしても一斉通信が必要であるため運用に不安があった。簡易無線での運営は共用波であるため他局との混信もあった。

解決

中継機能付基地局無線装置を導入することで通信距離は2倍となり、不感地帯を解消し携帯機同士での全敷地内通信を可能とした。専用周波数を使用するため混信が無くなり、ストレスなく通信ができるうえに情報漏えいも防ぐことができるようになった。

また、グループ分けも自在であるため、通常においては、現場の状況にあわせた複数のグループ(最大1024グループ)運用を可能とし、地震災害などの緊急時には、責任者が優先権をもつ無線機からワンプッシュ送信で瞬時に部署間を超えた一斉通信を可能とした。


競技場

  • 機器構成

> MD658

車載型無線機

> RD628

デジタル中継機能付基地局無線装置

> PD668

携帯型無線機