RD628 中継機能付基地局無線装置

ソリューションガイド


問題

金属含有率の高い製油設備など様々な巨大設備が混在する環境下では、携帯機同士の通信ができない不感地帯が発生していた。簡易無線も併用しており、共用波のため他局との混信もあった。緊急時の通信においても一斉通信を行うことが困難であり、現状の運用に不安を感じていた。

解決

中継機能付基地局無線装置を導入することで通信距離は2倍となり、不感地帯を解消し携帯機同士での全敷地内通信を可能とした。専用周波数を使用するため混信が無くなり、ストレスなく通信ができるうえに情報漏えいも防ぐことができるようになった。

また、グループ分けも自在であるため、通常においては、現場の状況にあわせた複数のグループ(最大1024グループ)運用を可能とし、地震災害などの緊急時には、責任者が優先権をもつ無線機からワンプッシュ送信で瞬時に部署間を超えた一斉通信も可能となった。管理指令システム(スマート・ディスパッチ)も採用し、職員の位置確認のほか、通話録音機能による通信内容の保存、確認もできるようになり、重要通信の聞き逃しが無くなった。


石油化学プラント

  • 機器構成

> 管理指令アプリケーション

  (スマートディスパッチ)

> RD628

デジタル中継機能付基地局無線装置

> PD798Ex

本質安全防爆携帯無線機