英国Sepura Group PLCの友好的M&Aが完了しました。

2017年5月24日

 

  弊社は、2017年5月24日、Sepura グループの友好的M&Aを完了しました。同グループは、英国ケンブリッジを本拠地とする、TETRA&DMR製品を初めとする通信ソリューションの大手プロバイダーです。 

  

 弊社President & CEO陳 清州は、今般の友好的M&Aに関し、次のように述べています。「自営無線通信業界は急速な進化を遂げており、私どもが今回のM&Aを通じて、新しい技術と魅力的な機能を取り入れることにより、ユーザーの皆様にとって、より効果的なソリューションを提供でき得ることと確信します。Sepuraグループの加入により、特にTETRA製品に関しては、洗練されたエンジニアリング人材と、経験豊富な運営チームの加入による技術革新が実現され、世界中のチャネルパートナーとの協業体制が強化されることになります。」 

 

  Sepura は世界20カ国におけるマーケットリーダーであり、且つ100カ国以上での採用実績を持ち、欧州パブリックセーフティー市場では、第2位のシェアを誇っています。本M&Aにより、総勢約700名の技術スペシャリストとプロスタッフが弊社組織に加わりました。 

  

 更に陳は、「私どもは戦略的にヨーロッパに投資してきました。2011年にはドイツのMobilfunk GmbHを買収し、ヨーロッパの重要な研究センターの1つに成長させました。Sepuraが加わることによって、イギリスとスペインに、さらに2つのイノベーションセンター持つことになります。私どもは強化された組織により、高度化するセキュリティ上の課題に対処し、欧州を初めとする、各国マーケットに対し、より良いサービスを提供することができるものと確信します。」と付け加えました。 

 

 デイビット・バラス、Sepuraの暫定最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「Hyteraとの提携により、市場の幅広い分野への対応が可能になります。対外的にはディーラーの皆さまに対し、豊富な製品群とソリューション提供を可能とし、内部的には、エンジニアや研究開発技術者にとって、成長のが提供されるものと確信します。Hyteraは世界的に拡大する自営通信業界において、シェアと知名度向上を目指し、注力してきた結果、特筆すべき功績と成長を達成し、更なる発展のための明確な戦略を打ち出しています。これは非常に素晴らしいことと考えます。」

 

 HyteraとSepuraは、ブラジルの2016年オリンピックで、イベント管理と安全対策のための通信ソリューションを提供しました。2018年ロシアで開催予定のワールドカップでも、同様の通信ソリューションを提供する予定です。  

Sepura グループについて *ロンドン証券取引所.証券コードSEPU. 2017/05/25 M&Aによる上場廃止

  

Sepura Group PLCは2002年に設立され、100カ国以上の顧客にサービスを提供しており、ビジネスおよびミッションクリティカルな通信のためのデジタル無線、システム製品、アプリケーションの設計、製造、供給の市場リーダーです。 

Sepuraグループのポートフォリオには、運輸、公益事業、石油・ガス、製造、鉱業、ホスピタリティおよび建設に携わる、公共安全機関およびプロフェッショナル・ユーザー向けに、TETRA、DMR、P25、およびLTEシステムソリューションを供給しています。

詳細はwww.sepura.comをご覧ください。