ロンドン警視庁(Metropolitan Police Service)は

HyteraグループSepura社製のTETRA端末を導入しました。

2019年4月26日

 ロンドン警視庁(Metropolitan Police Service)は、既存無線システム改善を目的に、Hytera子会社のSepura社製TETRA端末(SC2シリーズ)を選択し、更新します。これは、英国TETRA供給メーカーが受注した最大規模となる契約でした。
 Sepura社製無線通信端末の更新は、庁内の複数グループによって、幾多の通信インフラを跨ぐ大規模な通信実験後に最終決定されました。通信実験の参加者からは、通信エリア拡大が見込まれること、明瞭で優れた音声品質であること、素早い緊急通報が可能なこと、視覚による直感的な運用を実現させる大画面液晶搭載などの点で、Sepura2シリーズを高くご評価いただきました。特に小型軽量ながら、高出力設計のSC21は、非常に高い評価を受け、機器更新による運用改善目的を十分に満足させるものとなりました。
 さらに、無線通信運用上のパフォーマンス向上のため、カスタマイズソフトウェアが開発され、これによって公務効率化に大きく寄与する事が確信されました。また、将来の技術革新に伴い、AppSPACEソフトウェア環境を通したアップグレードも可能で、さらなる運用効率向上を実現させることも可能とします。
 本通信システムは2019年内の本格稼働を目指しており、SC2シリーズと車載型無線機SRG3900シリーズ合計32,000台以上のSepura社製TETRA端末は、2019年5月に初期システムが稼働開始し、同年12月までには全数を稼働させる予定です。

 

Sepura社について
 HyteraグループSepura社は、公安やミッションクリティカルユーザーへ、デジタル無線システムとアプリケーションの設計、及び製造をカスタムメイドで行う世界的プロバイダーです。
Sepura社の持つTETRA、DMRおよびLTEを介するトータルソリューションは、公共安全、輸送、公益事業、石油およびガス、製造、建設、レジャー等の様々なユーザーの重要自営通信を支えます。
 Sepura社はイギリス、ケンブリッジを開発拠点とし、2002年の設立以来、無線通信インフラ、移動無線端末、データアプリケーションを100カ国以上の国々の顧客にトータル供給し、顧客が日々直面している運用上の課題に強力なソリューションで応え、世界中の公安および民間自営通信ユーザーより高い信頼を受けている企業です。

 


2019/04/26
ロンドン警視庁(Metropolitan Police Service)は
HyteraグループSepura社製のTETRA端末を導入しました。

> Read More