Hytera社LTEハンドヘルド式スマートデータ端末[POC-E3316]

がグッドデザイン賞2017を受賞


 

2017年11月27日Hytera社LTEハンドヘルド式スマートデータ端末 [POC-E3316]がグッドデザイン賞2017を受賞しました。

 

 製品開発の背景

 昨今のパブリックセーフティにおいて情報通信とネットワークは欠かせないものとなっております。任務中の警察官にも、状況に応じた迅速な対応が求められます。そこで、より円滑な公務執行のため、任務中の警察官と指令センターとの情報共有をサポートする高速データ通信デバイスが必要とされておりました。

 

 概要
 LTEハンドヘルド式スマートデータ端末[POC-E3316]は、パブリックセーフティ向けに特別に設計された端末です。

音声通信、ビデオ通信、モバイルオフィス、緊急警報に対応し公務執行をサポートします。
正面と上面によるデュアルディスプレイを搭載、

カメラは背面1300メガピクセル、正面800メガピクセルのデュアルカメラ、
筐体の堅牢制は米軍MIL規格準拠、 防塵防水IP67準拠し、

ブルートゥース音声通信やデータ通信など有線、無線による様々なデータ伝送に対応し、8時間以上の起動時間を有します。


今後、交通、都市管理、などパブリックセーフティの分野で広範囲に採用される予定です。

 

*日本国内でのリリースは未定です。

審査委員の評価

 

小型設計、軽量性、耐久性、グリップ性、操作性など、利便性の高い特徴を備えた、警察向けのハンドヘルド式スマートデータ端末。さまざまな国際的軍用規格やデータ伝送プログラムの技術構成に適合しているため、任務中の警察官は、音声、カメラ、ビデオなどの手段により、指令センターに迅速に連絡し、データを処理できる。モバイルネットワーク時代の警察官にとって、強力かつ必要性の高いツールである。

 

担当審査委員| 朝倉 重徳   Carl Liu   倉本 仁   Gary Chang   Hui ming Tong