2014/04/23 Hyteraはユーロトンネル(英仏海峡トンネル)社にDMR通信システムを納入いたします

 4月2日、Hyteraの英国ディストリビューターで、特注通信システムの専門プロバイダーであるANTテレコム社から、「英仏海峡トンネル向け運用管理用通信システム入札」において、Hytera製DMR通信システムで落札したとの報告がありました。サイト毎の非常通信向けコミュニケーションソリューション構築の実現に向け、4月5日から着工される予定です。

 

 このソリューションは、英国のFolkestoneのサイトにおいて、4つの部門(顧客担当、HGV1, HGV2と自動車高速道路の各部門)の運営管理最高責任者のもと活用される予定であり、現場の各チームスタッフと管制センター間の通信も可能となります。またユーロトンネル社からは、4つの部門間にまたがる優先設定可能な新たな非常通信機能も要求されているとの事です。

 

 Hytera社はフレキシブル且つカスタマイズされたソリューションにより、ユーロトンネル社のご要望を満足させるべく、新たな技術開発に取り組んでいきます。また、堅牢で先進的な通信ソリューションである事も求められ、明瞭な通常通信機能はもちろん、メッセージ通信、自動アラーム・メッセージ伝送、位置管理表示対応ローンワーカー機能なども標準装備する予定です。

 

 ユーロトンネル社のJohn Keefe氏からは「当社はHytera社端末製品の優れた規格、特に高いIPレベル(IP67)と大型ディスプレイを高く評価し、導入を前向きに進めました。」とコメントして頂きました。「そのうえ、導入時搭載の緊急通報機能のほか、将来的にマンダウン、トランキングモード、特にGPSロケーション管理機能など、機能拡張の必要性に対応できることが最大の魅力です。」ともおっしゃっていました。

 

 ANTテレコム社のKlaus Allion執行責任者は、「近年、デジタル通信機器は市場を変革させています。多くのユーザーは、アナログ製品では享受できなかった多彩で効果的なデジタル技術がもたらす機能付加により、自営通信の運用改善を実現すべく、デジタル移行の検討を進めています。」とコメントしています。「しかしながら将来にわたり、効果的な機能拡張性がユーザー並びに彼らのステーク・ホルダーたちに利益をもたらすか否かは、協業しながら真剣に見極める必要がある。」

 

 「Hytera社並びに弊社は、将来にわたってユーロトンネル社の複雑化していく個別ニーズに対し、適格に応えていく事のできる先進的なオン・サイト通信ソリューション運営を、共に推進できることを誇りに感じている。」と締めくくっております。