2014/01/22 2013年、Hytera無線機100万台を出荷

 2013年度同社通信機器全体の単年度出荷台数が、ついに100万台の大台を超えたことが判明しました。これは創立以来、同社にとって大目標であった「ミリオン・マイルストーン」の達成という事から、大きな意味を持つ事です。

 

 2013年10月に開催されたプライベートネットワーク産業サミットにおいて、HIS副所長のトーマス·リンチ氏のスピーチの中で、拡大している無線通信市場への製品供給企業でHytera社は中国企業で唯一優良企業にリストアップされるメーカーと認定されました。

 

 背景としては、中国公安省の開発委託を受け、公安通信のデジタル化実験に成功、今日では中国全土の標準規格であるPDTを誕生させた技術・開発力の進化が大きく貢献しています。この後においても、Hytera社の技術開発部門の強化は止まることなく、中国外でもデジタル製品の高い評価を受けることが出来ました。そのクリアな音声のみならず、豊富なアプリケーションを搭載したデータ通信システムは、ユーザーにとってなくてはならないものとなっています。

 

 2013年のモスクワで開催された「世界陸上」や「ユニバーシヤード・アジア大会」、「欧州選手権大会」、「エリザベス女王・即位60周年記念」など、中国外の国々の重要なイベント運営・警備に採用されたことは、Hytera製品の信頼性が非常に高い証です。

 

 Hytera社代表者の陳社長は記者会見で、「今後も中国国内のみならず、他国の皆様にも先進の通信手段を提供していくために、全社一丸となり、研究開発を推進していく所存です。」とコメントしました。