PD418 パトロールソリューション 一般業務用無線機(SR)

RFID警備管理システムは、警備チェックポイント、またはIDカードに無線機を翳したときに、そのID情報を読み取り、時刻とともに無線機内部に保存されます。その後、事前設定された動作条件に則して、運用中のデジタル通信回線を通じて、管理指令センターにあるPCに接続された管理装置に、テキストメッセージ・フォーマットにて情報を送出します。PCは、これら無線機からのテキストメッセージ、もしくは蓄積情報を、管理指令ソフトウェアにて処理します。この機能により、現在の警備ポイントの進捗情報収集と、警備業務内容の編集、並びに集中管理を実現します。

巡回警備の管理は、本当に大変!猫の手も借りたいくらい…

HyteraPD418警備巡回ソリューションはそんなあなたに手を差しのべます。

Hytera PD418 警備巡回ソリューションとは?


Hyteraの警備巡回システムソリューションは、管理が容易で費用対効果が高く、通信品質も向上させます。巡回警備員が巡回ポイントでRFIDタグにチェックインすることにより状況をリアルタイムでモニターし巡回警備状況を効率的に管理することができます。さらに、オープンAPIなので、マップインポート にも対応し、その他のカスタマイズ機能も、利用できます。

システム構成


 

Hyteraパトロールシステムソリューションは、

パトローラIDカード、パトロールチェックポイント、無線機PD418、RFネットワークとアプリケーションソフトウェアで構成されています。パトローラIDカードとパトロールチェックポイントにはパッシブRFIDタグが内蔵、無線機PD418にはRFIDリーダが搭載されています。 すべてのRFIDタグとリーダーは、カスタマイズ用のオープンAPIを提供します。


特徴


パトロールプランの設定&編集

管理者は、パトロールルート、パトロール人員、パトロール時間を

設定することによりパトロールプランを追加したり編集することができます。

豊富な音声通話

個別通話、グループ通話、全員呼び出しを設定することができます。


集中管理

PD41Xが施設内に設置されているRFIDタグに接触すると、無線機は位置情報を受信し、データアップロードチャネルに切り替わって、位置情報を制御センターに自動的に送信します。

管理センターではリアルタイムモニタリングが可能となります。

緊急アラーム

無線機によって緊急アラームを発信することができます。

管理センターのコンピュータにもリアルタイムに状況を伝え、 

すべての操作記録はコンピューターのイベントログに記録されます。


ダウンロード
PD418英語カタログ
DMR_PD41X_カタログ.pdf
PDFファイル 1.1 MB
ダウンロード
PD418日本語カタログ
PD418-j.pdf
PDFファイル 557.3 KB