石油精製、油槽所、備蓄:       神奈川、東京、千葉、大阪、沖縄 

学工場 新潟、神奈川 中国:海南省


アブダビ国際石油 U.A.E

石油精製, シノペック, 中国

TATA 製鉄,英国


導入業種


化学工場
化学工場

可燃性ガス、 液体・固体は化学工場内において、様々なプロセスで加工・変換されています。これらの工程では爆発性混合物質を生じさせています。

火力発電所
火力発電所

塊炭は空気と混合した時には爆発性がありませんが、研磨・乾燥され炭塵に変化する過程において、可燃物質に変化する可能性があります。


石油精製
石油精製

石油精製において扱われている炭化水素類は、全て可燃性物質であり、それぞれの引火点にもよりますが、通常温度内においても爆発性雰囲気となる可能性があります。一般的に石油精製設備の周辺は、常に爆発性雰囲気が生じているエリアとされています。

消防
消防

消防については、石油流出災害や自然ガス漏れなど、非常に危険な状況下での作業に対応するため、防爆安全性の高い電子機器が必要とされています。


ガソリンスタンド
ガソリンスタンド

例えば、ガソリン漏れなどの際に空気と混合する事により、可燃性ガス混合物へと変化する可能性があります。

スプレー塗装
スプレー塗装

スプレー塗装の際のしぶきは塗料と溶剤の蒸気であり、空気と混合することにより、可燃性を向上します。


農場
農場

いくつかの農場では、植物バイオガスの生産を行っています。例えば漏出等が発生した場合、可燃性のバイオガス/空気の混合物に変化する事があります。

鉱業
鉱業

炭鉱業では副産物としてガスが発生します。従って、炭の発掘作業現場である地下では、常にガスが滞留しています。安全管理が万全でない場合、鉱山の滞留ガスは大爆発の危険性があります。


農業
農業

可燃性ダストは砂糖、穀物等の運搬中や貯蔵の過程において発生します。それら物質が砕かれ、ろ過され蓄積されると、ろ過装置内に爆発性雰囲気が発生します。

製薬工場
製薬工場

アルコール類は、しばしば製薬工場において溶剤として使用されます。乳糖などの薬品や予備材料 もまた、可燃性を向上させる原因になります。


廃棄物リサイクル
廃棄物リサイクル

廃棄物リサイクルの過程で生じる缶やコンテナ類からの可燃性ガスや液体は、完全に除去することは困難で、危険場所を拡大させます。また紙類やプラスチックダストも、この一因となりえます。

ゴミ埋立地
ゴミ埋立地

ゴミ集積場では、埋め立て廃棄物の可燃性ガスが発生します。このガスの拡散と着火の危険性を制御する事は大変困難であり、念入りな技術検討が必要となります。可燃性ガスは様々な物質から発生し、完全とは言えない送風手段でトンネルや地下貯蔵庫などに閉じ込められています。